ごあいさつ – Greeting –

代表理事ごあいさつ

 当連合会は、昭和53年に輸入牛肉の共同購買を主な目的とし、酒井忠明(大阪府輸入食肉事業協同組合 代表理事)を代表理事に設立されました。
 以来、約35年間にわたり、日本における食肉業界における横断的組織として、食肉業界の意見を集約・調整し、関係諸官庁・組織に対し、要請や提言を行うと共に、業界全体の発展、そして日本国民の豊かな食生活の実現に貢献すべく事業活動を進めて参りました。

 しかしながら昨今の景気低迷による小売価格の下落に加え、収益性の高い生食用牛肉の販売規制強化など、食肉業界を取り巻く経営環境は一段と厳しさを増しております。さらには日本国政府のTPP交渉参加により、今後益々厳しい市場環境が予測される現在、当連合会の活動として、会員各社の持つノウハウと情報を共有し、相互の連携を高めることより、日本の高度な畜産加工技術によって支えられた安心・安全のジャパンミートブランドを世界市場において確立し、日本の食肉業界全体のグローバル市場における躍進と国内市場における安定的経営、さらには食卓に笑顔を生み出す商品の研究・開発に取り組んで参る所存でございます。

 今後も、関係諸般の皆様より、当連合会への倍旧のご理解ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

平成27年10月吉日
全国食肉輸出入事業協同組合連合会
代表理事 酒井 宏

sakaiko
全国食肉輸出入事業
協同組合連合会
代表理事 酒井 宏